医学的に精力剤「ピノアル」の成分と効果を徹底的に検証しました!

マッチョピノアルは効果ナシ?医学的に分析

 

ピノアルパッケージ

 

ピノアル(PINOAL)「ただ飲むだけで精力アップ」というキャッチコピーで売り出されている10万個以上の販売実績のある強力精力剤です。
基本的に勃起不全(ED)の改善として開発されたピノアルですが、一部では精力があがるだけではなく、ペニス増大に効果があるという報告があがっているようです。
成分を分析しその実際の効果を医学的に検証していきたいと思います。
また他社の男性健康食品に不満を持つ方でも効果が体感できるという風にして売り出されているのですが、実際にはどのような効果があるのでしょうか。
効果だけでなく、気をつけたい副作用の情報等もありますので是非ご覧ください。

 

ピノアルの主な特徴

「ピノアル」の特徴を公式ページを参考にまとめると以下のようになります。

  1. 全12種類の強化成分を高配合
  2. 究極の精力増強成分「山参(サンサム)」を配合
  3. 安心の35日間全額返金保証制度
  4. 10日間の体験パックであるスタートパックも選べる
  5. 中高年や年配者に向けた滋養強壮サプリ
  6. 徹底した品質管理のもと国内GMP認定工場で製造

これらの特徴を元研究員が医学的な見解から分析します。
特徴を見るかぎりピノアルは何やら凄そうな印象を受けますが、公式ページにあるような効果は実際に実現可能なのか、医学的に検証していきます。

 

ドクターピノアルの成分を医学的に分析

ペニス増大サプリで最も重要であるピノアル成分を医学的に分析していきたいと思います。
まずは実際に何が配合されているのかを熟知しておきましょう。

 

ピノアルの主な成分

ピノアルの全12種類の有効成分をずらっと確認してみましょう。
公式販売ページに記載があった全成分は以下の通り

 

ピノアルのサンサム

 

山参(サンサム)

ピノアルに配合されている全成分の中で最も重要である成分で、野生の山から収穫した貴重な高麗人参のことを言います。
ご存知の方も多いかと思いますが、高麗人参は漢方として2000年近く利用されてきた歴史もあり、多くの滋養強壮食品に配合されている大変効果な成分です。

 

※サポニンについて…

山参(サンサム)には「サポニン」という配糖体の総称の含有量が豊富であり、このサポニンには血行の改善効果、コレステロールを減らす、血栓の生成を抑制するなどの主に血管に作用する健康効果が期待できると言われています。
サポニンには主にマメ科の植物に多く含まれており、含まれる植物によって大豆サポニン高麗人参サポニンなどと呼ばれています。
このようにたくさんの種類があるサポニンなのですが、この山参には他の植物には類をみない程たくさんの種類のサポニンが含まれていることが明らかになっています。
一概にサポニンといってもその種類によって健康効果が違いますので、多くのサポニンを一度に摂取することのできる山参はペニス増大、勃起不全に大変都合の良い成分となっています。

 

L-シトルリン

多くのペニス増大サプリメントに配合されている必須アミノ酸の1つである「シトルリン」
スイカやキュウリなどにも多く含まれており、血管を拡張し血液の流れを良くする効果があります。
アルギニンと摂取することで相乗効果を得られることが近年の研究で明らかになっており、アルギニンと共にペニス増大サプリメントに欠かす事のできない成分となっています。
ペニス増大サプリメントでも販売実績が確かなことで知られているヴィトックスαではこのシトルリンの量が他のサプリメントに比べて大変優秀で、当サイトでも推奨しているサプリメントです。

 

 

L-アルギニン

シトルリン同様に血管を拡張し、血液の流れを良くする効果があると言われています。
アルギニンが生成する一酸化窒素による血行改善の研究はノーベル賞を受賞するなど非常によく知られているので、ご存知の方も多いでしょう。
医学的にもその効果が証明されているアルギニンは多くの健康食品に配合されており、ペニス増大サプリメントや滋養強壮サプリにも常に配合されている外せない成分の1つです。
毎日の食事だけで1日に必要な量を摂取することは難しいといわれていますので、サプリメントを利用した摂取を推奨しております。

 

トナカイ角末

当研究所でもペニス増大に効果があるとして紹介させていただいているトナカイの角。
このトナカイの角は実は高級な漢方である「鹿茸」の代替品として多く利用されています。
「鹿茸」の原料となる梅花鹿(バイカロク)という鹿の角は大変高価であり、手に入れる事が難しいため現在では代わりにトナカイの角が利用されているのです。
しかしながらトナカイの角のアルギニン含有量は鹿茸を上回るとされ、北欧では昔から男性の精力剤として利用されているなど、ペニス増大に大変効果の高い成分となっています。

 

馬睾丸末

馬睾丸と聞くといかにもペニス増大に効果があると考えがちですが、医学的に見てその効果は本当にあるのでしょうか。
馬睾丸にはプロタミンというタンパク質が多く含まれており、実はこのプロタミンのアミノ酸組成は約88%がアルギニンとなっています。
アルギニンはご存知の通りペニス増大にかかせない成分の一つであり、血管を拡張し、血行を改善します。
血行を改善する事によって男性ホルモンや成長ホルモンなどペニスの海綿体に増大に効果のある成分が行き届きやすくなります。
プロタミンには種類があってアルギニンの含有量が少ないプロタミンもあるのですが、この馬睾丸はアルギニンの含有量が突出して多く、ペニス増大サプリメントや男性用精力剤にとっては医学的な側面からみても大変効果的な成分といえます。

 

ショガエキス末

ショウガは家庭料理などでも一般的な香辛料の一つですが、実は昔から漢方の原料としても用いられて来た植物の一つです。
ショウガの辛味にはジンゲロール・ショウガオールという成分が含有されており、これらの成分は毛細血管の血行を良くし身体をあたためる効果があります。
このサプリにおいてショウガは他の成分の効果を増幅させる効果が期待できます。

 

ソフォン(アカガウクルア)

タイ原産のマメ科の植物であるアカガウクルアは昔から現地の人に精力剤として用いられて来たハーブです。
デヒドロエピアンドロステロンという男性ホルモンの原料となる物質の分泌を促す効果があり、ペニス増大だけではなくアンチエイジング免疫力を高める効果があるとされています。
デヒドロエピアンドロステロンは25歳頃から年齢とともに分泌量が減少していき、70歳を迎える頃にはピークの約1割程度まで減少していると言われています。
欧米では「若返りホルモン」とも言われているデヒドロエピアンドロステロンを効率よく摂取する為に、アカガウクルアを定期的に摂取することを推奨します。

 

トンカットアリ

マレーシアなど主に東南アジア原産の低木の一種で、名前にはアリさん(現地の男性名)の杖という意味が込められているハーブです。
現地の人々からは古くから精力剤として用いられて来た歴史ある植物です。
トンカットアリには男性ホルモンであるテストステロンの分泌を促す効果があり、ホルモンバランスを整え疲労回復血行改善、解熱効果あると言われています。
現地ではトンカットアリを毎日の食事代わりに煎じて飲む民族も存在しており、その効果は確かだと言えるでしょう。
またトンカットアリがサプリメントとして利用できるまでに成長する為に最低でも10年以上はかかるといわれており、限られた人物のみがその採集を許されている大変貴重なハーブでもあります。

 

マカ

マチュピチュで有名なペルー原産の根野菜であり、近年その成分が注目されており多くの健康食品や滋養強壮食品に用いられている事から名前をご存知の方も多い事でしょう。
マカペニス増大に効くとされているのにはアルギニンの含有量が他の野菜と比べて段違いとであるからに他なりません。
またマカは「完全なる野菜」という呼び方もされる程、豊富な栄養を蓄えているためペニスの機能改善など総合的な面で効果が期待されます。

 

マムシ末

日本でも古来から精力剤として用いられて来た毒蛇「マムシ」
精力剤として非常にポピュラーな成分なのですが、本当に効果があるのか疑問に思う方も多いでしょう。
マムシにはタウリン・チロシンなどの豊富なアミノ酸が含まれており、これらは血行を促進したり、血圧を正常に保つ効果があります。
この事からマムシは血管や血液の健康維持に大変有効的な成分と言えるのです。

 

サソリ末

サソリは砂漠に生息する日本とは無縁の生物だと思われがちですが、実は日本全土に広く生息するということをご存知でしょうか。
薬用としてアラビア諸国で古くから精力剤などに用いられて来たサソリには豊富なアミノ酸・ミネラルが含まれており、特に亜鉛の含有量がとても優秀です。
亜鉛は直接増大に作用するわけではありませんが、精子の生成など細胞分裂をする際に必須となるミネラルですので、ペニスの増大をサポートする効果があります。

 

 

以上、「ピノアル」の成分を医学的に分析しました。
他にも香辛料抽出物という成分が含まれているのですが、こちらはどのような香辛料の抽出物であるのかが掴む事ができませんでした。
恐らく一般的な唐辛子などに含まれるカプサイシン(新陳代謝を上げ、血行を良くする効果がある)の事を指すと思うのですが、確かではありません。

 

ピノアル男の活力

 

ドクターピノアルの医学的な検証結果

 

医学的に効果あり

 

「ペニスの増大サプリメントとしても効果大です。」

 

ピノアルを医学的に分析した結果、ペニス増大サプリメントしても効果があるといえるでしょう。
ピノアルに含まれている有効である12の成分が配合されている成分を見る限りペニスを大きくする効果は医学的に証明できるものであり、嬉しい副作用として勃起力改善等、ペニスの機能をトータル的に底上げするサプリメントなのではないでしょうか。
ピノアルの成分自体はとても厳選された良い成分ばかりなので、12種類というペニス増大サプリメントとしては若干少なめの成分でも、その質はとても高いものであり、アルギニンやシトルリンなどの有効成分の含有比率がとても高いといえます。

 

医学的に成分を検証した結果をここまでご覧いただきましたが、更に情報が欲しい方の為に生の口コミ情報をまとめましたので、是非ご覧下さい。

 

 

ポイントピノアルの気をつけたい副作用

成分が少ない分、考えられる副作用はあまりありません。
ただし1日の用法容量を正しく守り、安全な服用を心がけるようにしましょう。
またペニス「コスパ」に特化した成分で選びたいあなたのために、特におすすめできるサプリをランキング形式でご紹介していますので、是非ご覧下さい。